見た目が肝心

白髪染めのススメ

外見と実年齢の差は年齢を重ねれば重ねるほど一般的に個人差が出てくるようです。
同じ年齢同士でも、ある人は実年齢より若くみられ、一方ある人は老けてみられるといったことが世の中にはたくさん起きています。
実際に同窓会など昔の仲間が一同に集まる機会があった際には、その違いの大きさが顕著にわかるのではないでしょうか。

若いときに素敵だった人が、暫くぶりに会ったらやけに疲れた印象で、老けた感じにみえたり、逆に年齢を重ねるほど魅力的にみえる人など、年のとり方は人それぞれ千差万別です。
同じ年齢なのに一体どのような理由でこのような違いが出てくるのでしょうか?
その大きな理由のひとつに外見から受ける印象の違いがあります。
「人は見た目が9割」という言葉も一時期話題になりましたが、昔から外見の見た目と年齢の印象は深く関係しているといわれてきました。

たとえば中学校に入学したての子供を例に出すと、私服を着ているとまだ小学生の名残があり幼く見えるのに中学校の制服を着ていると、急に大人びた印象を受けるという経験は、自分の子や知り合いの子供を通じてあるのではないでしょうか。
大人でも同様に、男性であればスーツ姿と私服姿の印象が大きく変わったり、女性は化粧をしている時と、していないときの印象もまた変わってきます。

そして、男女問わず共通して年齢の印象が大きく影響してくる部分が髪の毛の状態です。
髪のツヤや量、そして白髪の有無などによって実年齢に関係なく人に与える感じが若くみえるのか老けて見えるのか、それぞれの髪の状態で左右されているとも言われています。
特に白髪があると実年齢よりも老けてみられてしまうという統計があるように、目線の高さに近い頭髪というのは年齢の印象に深い繋がりがあるのでしょう。

年を重ねても若々しい人は魅力的ですよね。
また、鏡を見たときに自分の姿が老けたように感じてしまったら、何事にもおっくうになってしまうなど活力の低下も招きかねません。

昨今、様々な体質に合わせられるよう色々な種類の白髪染めが市販されるようになりました。
そのほとんどの商品が、はじめての人でも自宅で一人で簡単にできるようなものですので、白髪が気になってきた方は気軽な気持ちで白髪染めしてみることをオススメします。